クモザル科

マントホエザル

マントホエザル
©2009 Hans Hillewaert changed from the original

マントホエザルの基本情報

マントホエザル

英名:Mantled Howler Monkey
学名:Alouatta palliata
分類:クモザル科 ホエザル属
生息地:コロンビア, コスタリカ, エクアドル, グアテマラ, ホンジュラス, メキシコ, ニカラグア, パナマ, ペルー
保全状況:LC〈軽度懸念〉

マントホエザルPhoto credit: Leonardo C. Fleck

マント羽織り叫ぶサル

このサルは他のサルには見られない、いくつもの特徴を持っています。

まずはそのマントのような長い毛

クロホエザルやアカホエザルを見ると分かるように、このような長い毛を持っているのはこのサルだけです。

英名にある“mantled”も、マントを羽織ったという意味になります。

ちなみに、この長い毛は地域によって色が違うようです。

クロホエザル
クロホエザル名前にあるようにとんでもない声で吠えるクロホエザル。記事内の動画でその様子も見ることができます。...
アカホエザル
アカホエザル声を大きくする共鳴袋、しっぽのグリップを強める尾紋。そんな特徴を持つこのサルには子殺しが見られます。...

次に鳴き声。

名前の通り、このサルは大きな声で鳴きます。

ホエザルのなかまは、喉のあたりにのど袋を持っており、これが拡声器の役割を果たします。

仲間と共に鳴けば、その音は5キロ先まで届くと言うので驚きです。

ちなみに英名の“howler”は、ほえる獣という意味です。

彼らの鳴き声は下の動画で聞くことができます。

はっきり言って気持ちのいい音ではありません。

 

ラストはしっぽ。

マントホエザルの長くて太いしっぽは、枝をつかむことができ、しっぽ1本で木にぶら下がることができます。

このしっぽの先には実は毛が生えていません。

むき出しになった肌には、手のひらのように尾紋と呼ばれる模様があります。

これのおかげでつかむ力がさらに強くなります。

そこに汗をかけば、グリップ力はもっと強くなります。

マントホエザルの生態

マントホエザルは、中米から南米北部にかけて熱帯雨林などに生息します。

 

昼行性で、葉や果実、花などを食べます。

 

体長は38~58㎝、体重はオスが6~7㎏、メスが4~5キロでオスの方がかなり大きくなります

しっぽは体長より長く、52~67㎝にもなります。

 

マントホエザルは、平均14頭からなる、単雄複雌または複雄複雌の群れを作ります。

この群れのサイズは、ホエザルのなかまの中では大きいことが知られています。

また、オスもメスも生まれた群れを離れることも、このサルの特徴です。

群れには序列があり、αオスがボスであり続ける期間は約4年と言われています。

また、群れはそれぞれなわばりを持ち、一部では重複している部分があります。

なわばりは先述の叫び声によって特に朝方と夕方にアピールされます。

 

マントホエザルは、1~2年に一度繁殖を行います。

繁殖には季節性はみられないようです。

メスは6カ月の妊娠期間の後、1匹の赤ちゃんを産みます。

生まれた赤ちゃんは母親に育てられ、約3年で性成熟に達します。

マントホエザルPhoto credit: Steve Harbula

マントホエザルに会える動物園

マントホエザルは、生息地の破壊や狩猟などの影響を受けていると言われていますが、その数についてはあまりよく分かっていません。

レッドリストでは軽度懸念に留まっていますが、特に更なる森林破壊が進めば、彼らは絶滅に瀕することになるのは間違いないでしょう。

 

そんなマントホエザルですが、日本の動物園では会うことができません

面白い特徴をいくつも持つサルだけに、直接見られないのは残念です。