テナガザル科

ボウシテナガザル

ボウシテナガザル
©2006 su neko

ボウシテナガザルの基本情報

ボウシテナガザル

英名:Pileated Gibbon
学名:Hylobates pileatus
分類:テナガザル科 テナガザル属
生息地:カンボジア, ラオス, タイ
保全状況:EN〈絶滅危惧ⅠB類〉

ボウシテナガザル

帽子をかぶったお母さん

外見上における性差が顕著である場合、そのサルの名前はオスの外見を基に付けられることが多いです。

例えば、クロザルクロホエザルシロガオサキなどは、名前のように黒や白をしているのはオスだけです。

クロザル
クロザル自撮りをするサルとして一躍有名になったクロザル。実は絶滅に極めて近いサルなのです。...
クロホエザル
クロホエザル名前にあるようにとんでもない声で吠えるクロホエザル。記事内の動画でその様子も見ることができます。...
シロガオサキ
シロガオサキ白い顔なのは○○だけ。この他、学名や生態、彼らに会える動物園を写真と動画でご紹介しています。...

メスは、その名前からは想像できないような姿をしています。

また、同じテナガザルであるホオジロテナガザルも、頬が白いのはオスだけで、メスは黒い頭頂部とクリーム色の体をしておりオスとは全然違います。

キタホオジロテナガザル
キタホオジロテナガザル彼らのマライア・キャリーのような歌声をはじめ、生態、絶滅の危機などに関して動画と画像でご紹介します。...

 

しかし、このボウシテナガザルの名前は、メスの姿に由来しています

オスが黒い体に白いつながり眉毛という姿をしているのに対し、メスは灰色の体と黒いおなか、そして帽子をかぶったような黒い頭(こういう感じの哲学者いますよね)が特徴的です

この特徴的な頭からこのサルの名は付けられました。

ちなみに、英名の“pileated”は、“頭を覆う冠毛”という意味で、こちらもメスから名付けられたようです。

ボウシテナガザルは、名前がメスの外見に由来する、珍しいサルだと言えます。

ボウシテナガザルPhoto credit: Kongkham6211

ボウシテナガザルの生態

ボウシテナガザルは、タイカンボジア熱帯常緑林などに生息します。

昼行性で、主に果実を食べます。

その他には、昆虫なども食べます。

主食である果実の種子は糞と共にそのまま排出されるので、このサルは種子の散布者として、森林で重要な役割を担っています

 

ほとんど樹上で暮らし、ブラキエーションで移動します。

二足歩行をすることもあり、その場合は両手を上に高く上げて不格好に歩きます。

移動方法(二足歩行、四足歩行、ブラキエーション、ヴァーティカル・クリンギング・アンド・リーピング)
移動方法霊長類の多様な移動方法を動画付きで解説しています。四足歩行以外にもブラキエーションやヴァーティカ……...

 

体長は45~64㎝、体重は4~8キロで、性差はあまりありません。

また、しっぽがないことは、すべての類人猿に見られる特徴です

その一方、テナガザルには尻だこがあり、これはチンパンジーやゴリラなどの他の類人猿が持たない特徴です。

 

ボウシテナガザルは、他のテナガザルと同様、一夫一婦制の社会を作ります。

オスとメスは生涯を共にし、なわばりを守ったり、子どもとコミュニケーションをしたりするためにデュエットを組んで歌を歌います。

歌はオスとメスでパートが分かれており、歌声で性が分かるみたいです。

また、歌は特に朝方歌われることが多いようです。

 

ボウシテナガザルの群れには、オスとメスのほかに彼らの子どもがいます。

子供は5~8年で性的に成熟し、群れを離れます。

そして異性と出会って自分たちの群れを作ります。

繁殖には季節性はなく、メスは約7カ月の妊娠期間を終えて、1匹の赤ちゃんを産みます。

この赤ちゃんはオスメス関係なく灰色をしています。

彼らは1~2年経つと離乳し、2~4年で親の助けを借りず、移動したり採食したりできるようになります。

ボウシテナガザルに会える動物園

ボウシテナガザルは、生息地の破壊、分断や狩猟などのために、個体数を減少させています

生存する個体数は47000頭と推測されており、レッドリストには絶滅危惧ⅠB類として登録されています。

 

そんなボウシテナガザルですが、日本の動物園でも会うことができます

神奈川県のよこはま動物園ズーラシア、愛知県の日本モンキーセンター、愛媛県のとべ動物園がボウシテナガザルを展示しています。

機会がある方は、是非足を運んでみてください。