オマキザル科

ピグミーマーモセット

ピグミーマーモセット
©2019 spotter_nl

ピグミーマーモセットの基本情報

ピグミーマーモセット

英名:pygmy marmoset
学名:Cebuella pygmaea
分類:オマキザル科 ピグミーマーモセット属
生息地:ボリビア, ブラジル, コロンビア, エクアドル, ペルー
保全状況:VU〈絶滅危惧Ⅱ類〉

ピグミーマーモセットPhoto credit: Gomen S

世界最小の真猿類

ピグミーマーモセットは体長20センチ前後、体重85‐140グラムで真猿類の中では世界最小と言われています。

 

そういわれても真猿類とは何だよという人が多数だと思いますので少しお話しましょう。

真猿類とは言ってみればある特徴を持つサルのグループの名称のことです。

サルも他の生き物同様、細かく分類されるのですが、真猿類もその分類上のグループになります。

様々なグループがある中で、真猿類に属するサルは骨格や手の構造などにおいて特徴を持ちます。

例えば、原始的な特徴を持つ原猿類とは異なり、真猿類は眼窩後壁(がんかこうへき)を持ち、目は完全に骨で囲われています。

この眼窩後壁は咀嚼筋の動きより視界が揺れることを防ぎます。

他にも、前頭骨と下顎骨の左右の骨が癒合しているなどの特徴を持ちます。

このような真猿類にはピグミーマーモセットの他、クモザルや天狗のような長い鼻を持つテングザル、さらにはヒトもこの真猿類に分類されます。

テングザル
テングザル天狗のような大きな鼻を持つのはオスだけ。オスが大きな鼻を持つのにはある理由があります。その理由とは…...

 

ピグミーマーモセットはこの真猿類の中で一番小さいわけで、本当に手に載るサイズです。

赤ちゃんともなれば小指にしがみつけるくらいのかわいらしいサイズになります。

真猿類には霊長類最大のゴリラも含まれているので、その多様性には驚くべきものがあります。

ヒガシゴリラ
ヒガシゴリラメインタイトルは「葉を食べるゴリラ」と「子殺しが群れを作る」の2本。ヒガシゴリラの生態に迫ります。...
ピグミーマーモセットPhoto credit: Paul Morris

ピグミーマーモセットの生態

ピグミーマーモセットはコロンビアエクアドルブラジルなどの熱帯雨林に生息しています。

 

主食は樹液です。

樹液を食べることは意外に思われるかもしれませんが、ピグミーマーモセットにとっては重要な食べ物です。

どう食べるかというと、下の歯で樹皮に傷をつけたり穴をあけたりし、そこから出る樹液を舐めるのです。

そのため、ピグミーマーモセットには鋭い犬歯があり、下あごがやや前に出ています。

下の動画ではまさにその様子を見ることができるので是非ご覧ください。

 

体長は約13㎝、体重は120g前後、しっぽの長さは約20㎝です。

指にはかぎ爪を持ち、樹上をヴァーティカル・クリンギング・アンド・リーピングで移動します。

下の動画でもピョンピョンジャンプしていますね。

 

ピグミーマーモセットは、一般的に2~6匹から成るペア型の群れを作ります。

群れはなわばりを持ち、なわばりは臭腺から出るにおいでマーキングされます。

個体間のコミュニケーションには、このにおいの他、音声やグルーミングなども用いられます。

 

ピグミーマーモセットの繁殖には季節性が見られません。

メスは約4.5カ月の妊娠期間の後、1~3匹の赤ちゃんを産みます。

赤ちゃんの重さはなんと約15g。非常に小さいです。

赤ちゃんは父親や兄弟によっても育てられ、約3カ月で離乳します。

性成熟には約2年で達し、メスは出産3週間後には発情を再開します。

寿命は飼育下で約19年、野生下では約12年と言われています。

ピグミーマーモセットにあえる動物園

ピグミーマーモセットは生息地の縮小の他、肉目的、特にペット目的の狩猟により個体数を減らし続けています

その結果、2019年、レッドリストで新たに絶滅危惧種(絶滅危惧Ⅱ類)として登録されてしまいました。

 

そんなピグミーマーモセットですが、日本では、千葉県の千葉市動物公園、静岡県の日本平動物園、愛知県の日本モンキーセンターで会えるようです。

サルの中でも、そのサイズ感とぱちくりおめめでひときわかわいいこのピグミーマーモセットに、皆様もぜひ会いに行ってみてください。