オナガザル科

スクレイターグエノン

スクレイターグエノン
©2012 LaetitiaC: clipped from the original

スクレイターグエノンの基本情報

スクレイターグエノン

英名:Sclater’s guenon
学名:Cercopithecus sclateri
分類:オナガザル科 オナガザル属
生息地:ナイジェリア
保全状況:EN〈絶滅危惧ⅠB類〉

スクレイターグエノンPhoto credit: LaetitiaC

グエノン

グエノンと名のつくサルは、スクレイターグエノンの他にも沢山いますが、グエノンとは何なのでしょう。

オナガザル科オナガザル亜科コロブス亜科に分かれ、オナガザル亜科はさらにオナガザル族ヒヒ族に分かれますが、グエノンとは伝統的にこのオナガザル族のサルのことを言います

しかし、近年ではオナガザル族をさらに分けたうちの一つである、オナガザル属を狭義のグエノンとする傾向もあるようです。

まあどちらにしろ、スクレイターグエノンはどちらの定義にも当てはまります。

 

グエノンは様々な特徴を持ちます。

最も顕著なのが、容姿の派手さです。

ウォルフグエノンアカオザルクチヒゲグエノンなど、グエノンにはカラフルなものが多いです。

ウォルフグエノン
ウォルフグエノンド派手なルックスをしたこのサルの名前のウォルフは、「オオカミ」という意味ではありません。じゃあ一体…...
アカオザル
アカオザル名前からは想像できないかわいいルックス。鼻の頭にはあるマークが。彼らに会える動物園も紹介しています。...
クチヒゲグエノン
クチヒゲグエノンカラフルな顔に生える白いヒゲが特徴的なこのサルの、生息地や食性、繁殖などについてご紹介します。...

 

次に、狭義のグエノンには、果実食のサルが多いです

種子は消化されずに排出されることもあるので、グエノンたちは種子散布者として森の維持に役立っています

また、同じオナガザル亜科のヒヒ族と比べれば小さいですが、グエノンは頬袋を持ちます。

さらに、長いしっぽやバイロフォドント(大臼歯に見られる2本の平行する稜線)など、オナガザル科のサルが持つ特徴も持っています。

スクレイターグエノンの生態

スクレイターグエノンは、ナイジェリア熱帯雨林に生息します。

 

昼行性で、主に果実を食べます。

その他には、昆虫なども食べます。

 

体長は30~40センチ程度、体重はメスが2.5㎏前後、オスが4㎏前後で、体長よりも長いしっぽを持ちます。

 

スクレイターグエノンの生態に関してはあまり研究が進んでいませんが、複雄複雌の群れを作ると考えられています。

また、この群れは他のサルと混群を作ることもあるようです。

スクレイターグエノンは特徴的な顔をしていますが、これは特に繁殖におけるコミュニケーションに使われているのではないかと言われています。

実際、特にオスは交尾時、頭を振ることが知られています。

スクレイターグエノンの顔をもっと見たいという方には、下のリンク先を訪問することをオススメします。

写真がいくつか見られるはずです。

 

繁殖に関してもほとんど分かっていませんが、出産は12~2月にピークを迎えるようです。

メスは5~6カ月の妊娠期間の後、1匹の赤ちゃんを産みます。

育児は主に母親によって担われます。

性成熟には5~6歳で達し、メスの性的休止期間は1~5年と言われています。

https://www.iucnredlist.org/species/4229/17945814

スクレイターグエノンに会える動物園

スクレイターグエノンは、主に生息地の縮小や分断の影響を大きく受けています

生息地であるナイジェリアでは、人口が急速に増えています。

その一方でスクレイターグエノンの生息地は減り、個体数も減少し続けています。

彼らの個体数はここ30年で50%以上減ったと言われています。

その結果レッドリストでは絶滅危惧ⅠB類に指定されてしまっています。

 

そんな厳しい状況にあるスクレイターグエノンですが、日本では会うことができません

かなり特徴的な姿をしているだけに、彼らを見られないとは残念です。